cause | sdjrny | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

cause

返信

今夜どうしても私を必要としている友達がいるの。

久しぶりのデートだったけれど、早々に帰ってきた。


最近私は「好きなものについて語る」技術を身につけた。悩みがあるときにそんな表情をしないで笑顔でいるための。

今日は実家の家族について、彼は多分私の妙なテンションに気づいていただろう。


決して彼のせいではない。

私を不安にさせる何かがいるのだ。また襲ってきたのだ。


相手を安心させるための嘘ならいいでしょ。

だって言えない、どうしてかわからないけど不安なの、怖いの、なんて。


一体彼はどう思う?

私と今までどおり付き合ってくれる?


今夜どうしても私を必要としている友達は、もちろんいない。

投稿者 sdjrny | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.